ギターとサウンド

 それ程高価なギターを所有している訳ではありませんが、現在手もとにあるのは4本。 左3本は練習、レッスン用のクラシックギター。 いずれもブリッジ、骨棒を削りフラメンコギター並に弦高を下げ、ゴルペ板を貼ってあります。右端は現在のメインギターで、純粋なフラメンコギターです。楽器を選ぶポイントとしては、とにかく弾きやすい事、自分の手に合う事。これに尽きます。ギターに限らず楽器の音色は弾き込むうちに出来ていくものなので、購入時はそれ程気にしません。長年ていねいに弾き込まれたギターは所有者の出したい音になり、その人が弾いた時に一番良い音がするものだと考えます。
※ ギターをクリックすると詳細がご覧いただけます。

Ryoji Matsuoka Alhambra 1 Alhambra 2 Amalio Burguet

その他小物

使用弦
高音弦:サバレス赤
音色が気に入ってます。

低音弦:サバレスコラム
持ちが良いので。

これはクラッシックギター用カポタストです。

左: フラメンコスタジオ・サクロモンテの戸田氏手工品。
右:JIM DUNLOP社製。

 

撮影はクラスタマスター「田中」さんです。お休みの時間にわざわざ拙宅まで来て撮影していただきました。
ほんとうにありがとうございます。

 

表紙に戻る